メインイメージ

転職はそう難しいものではない

30代以降で転職するには

転職に関する質問にお答えします【1】

質問:30代後半です。転職を考えていますが若くないので転職出来るか不安です。


現在景気が回復していると言われていますが、まだまだ不安定な世の中です。
求人もこれからどんどん増えていく中、転職を考えている方も沢山いらっしゃると思います。
しかし、自分の歳がネックになって転職することを諦めている人は少なくありません。
転職は30代以降厳しくなるとされることもありますが、実際のところ40歳を過ぎても転職に成功したという人が何人もいます。
では、30代以降転職に思い至った時、一体どんなことが自分の強みになるのか考えてみましょう。

まず1つは、前職での経験を活かした転職ができる点です。
長い期間身を置いた業種であったり、職種への転職ならある程度のスキルがありますし、職場が変わっても円滑に仕事に取り組むことができるのです。
以前の仕事から得たその業種や職種の知識を新しい会社に持っていくことで転職先の企業にとってもメリットがあることなのです。

次に挙げるのは、社会人経験に基づいた能力を備えているかということです。
ここでお伝えする能力とは、先ほどの、業界や職種に限定したものではなく、具体的には統率力や、全ての業界に通じるような仕事の進め方、トラブルをどう解決するか、などのことです。
長期間社会人経験を積むと、やはりこれらのスキルを期待されるのです。
これらの能力の高い人は、どんな業界に身を置いても力を発揮できますし、会社への貢献度も高いので、高く評価される対象となります。
もちろん、常にスキルアップしたいとかどんどん学びたいという気持ちを持つ事も大切ですが、会社はどのように会社に貢献できるのかという点を見ていることを心に留めておきましょう。

最後に挙げるのは、どのような場面にも柔軟に対応できるかどうかという点です。
転職のような人生を変えるような大きな変化にはもちろんのこと、社内の配置換えや待遇の変化、周りの社員との関わりなど、色んな状況で必要となる能力です。
そのような変化にしっかりと対応し、臆することなく未知の分野に取り組む気持ちを持てる人ならば、どのような会社に移ってもきっと活躍できるでしょう。